14歳の息子マサと11歳の娘ミユ。食べる事と喋る事が大好きな私。子供達の成長の記録を残したくて始めたブログです。がっ!!食べ物ネタ多っ!!こんなんですが、どうぞよろしくです。


by tomo_kaji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

レーザー外来

今日は娘ミユが通っている「明和病院」のレーザー外来へ行って来た。
通っている。と言ってももう半年ぶりになる。
3ヶ月前に来そびれて、勝手に半年あけて来てしまった。
その方がいいのではないか?と思ったからだ。
医者でもないのに勝手に・・・・・(-_-)
で、レーザー外来に何しに行ったのか?って言うと話せば長くなるので・・・



ミユの背中には産まれた時から大きな蒙古斑が・・・
背中の3分の1。いや、イヤ、もっと大きいかな?
ミユの背中は緑っぽい青色。
右脇腹から左脇腹へ大人の手でも覆いかくせないくらい。
だけど・・・蒙古斑って自然と消えるもの。と思っていたから心配してなかった。
そう。全く!
だけど、生後4ヶ月の乳児検診で皮膚科又は形成外科の受診をすすめられ、
ミユの背中の青さが普通でない事を初めて知る。
「異所性蒙古斑」と言う言葉もこの時に初めて聞いた。
普通、蒙古斑はお尻にあるもので、
お尻から離れたところにある蒙古斑は消えない可能性が高いとされている。
と言うような説明を受けた。
放っておけば、10歳頃には消えてなくなってしまうかもしれない。
消えないかもしれない。さて、どうする???
皮膚は歳を重ねる毎に分厚くなる為、レーザーが奥まで届かず?
効きにくくなる。らしい。
赤ちゃんの皮膚は薄くてレーザーの効果も大!
もちろん、範囲も狭くて済むので手術の時間も短くて・・・・
とにかく、どうせ治療するなら小さい内に!って事のようだ。
放っておけば消えるかもしれないものを、
わざわざ痛い思いして治療する事はあるまい。と言う意見もアリ。
でも、もし、消えないままギャルになって
ビキニも着れないような体では、青春を謳歌できまい。と私が一押し。
病院を3つ回り、「明和病院」でレーザー治療を受ける事に!
今までに3回の入院治療を経てお蔭様で随分キレイになりました。
術後の御手入れはもちろん、その後も夏のスキンケアは欠かせません。
幼稚園の先生にも外遊びの前には背中に日焼け止めを塗ってもらい、
暑い日でもキャミソールを着て過ごす生活。
そんなこんなで、現在は術後の経過を観察中です。
私的にはもうこれ以上レーザーを打つ必要はないとは思うのですが、
3ヶ月おきに写真を撮って経過を観察して頂いているので、
まだ終了する時期ではないと言う事なのか?な?
で、ホントは3ヶ月前に行かないといけなかったものの、
忙しかったり、ほとんど背中の状態に変化が見られないと思ったので、
勝手にもう3ヶ月延ばし、今日、ほぼ6ヶ月ぶりに病院へ・・・
すると、写真をパシャパシャ撮って頂いた後、
「じゃ、また半年後に予約とって来てねっ。」と言われました。
あ・・・やっぱし、6ヶ月後か・・・私は正しかった???
こうして、次回は10月に片道1時間かけて
背中の写真を撮りに行く事となりました。
忘れないようにしなくっちゃね。
そして、今年の夏も焼かないように言われました。
ミユが紫外線を気にする事なく海や川で泳げる日はいつの事やら・・・・・
[PR]
by tomo_kaji | 2006-04-07 23:59 | 子供